対偶婚

気がある間だけ結婚しよう

さて、以上のように、モルガンは、「乱交」的な群れにはじまり、「血縁家族」から「・フナルァ家族」にいたる三つの発展段階をあとづけてきたが、
それらにつづく段階として、彼は、「対偶婚家族」という一つの家族の形態を考えた。
では、このむずかしい「対偶婚」という言葉によって、彼はどんな形態の結婚を言いあらわそうとしたのであろうか。
外観からみれぱ、それは一夫一婦制的な結婚といちじるしく似ている。一対の夫婦が、個別的に一つの家族をつくりあげているからである。
前の集団婚のばあいとはことなって、いまや、この形態の結婚のもとでは、夫は妻の生んだ子供にたいして、「ある程度の確信をもって自分の子であると考える。」ことができた。
しかも夫婦は、自分たち二人だけの性関係によって子供を産み、育てたということとと相まって夫婦としてのお互いの結びつきを強める事が出来たのだ。
”子は夫婦のカスガイ”--とは、まことによくいったものである。

しかし、この対偶婚家族は、一般には、独立した家屋に住んでいるのではなく、数個の家族が一棟の家屋(氏族の家)に共同に住みこんでいたのであって、
そして「そこでは、生活上の共産主義の原則が実行されていた」。というのは、
「家族が単独で生活上の困難にぶつかってゆくには、それはあまりにもか弱な組織だった」からだ。

出典:結婚相談所 比較

FF103_L

女房の姉妹をも『妻』とよぶ

このツラン制の体系から集団婚の関係を、さらにくわしく分析してみると、
男たちが自分の女房の姉妹をも『妻』とよぷということがぷいだされるのだ。
しかも、その姉妹たちの夫たちは、めいめいたがいに『プナルァ』とよびあうのである。
プナルアとは、〃親密な友〃という意味である。亭主とおなじく『夫』とよぶのであって、
しかも、その兄弟のそれぞれの妻たちは、たがいに、さらにまた同様に、
女たちは自分の亭主の兄弟を、『プナルア』とよびあっているのである。

このように、数名の姉妹とその夫たちのプナルァ集団、また数名の兄弟とその妻たちのプナルア集団-という二つの対応せる関係が承いだされるわけであるが、
モルガンは、そのそれぞれにおいて「集団内で共同に通婚した」と考えたのである。そしてかように兄弟と姉妹との間の通婚はおこなわれないが、
兄弟たちないしは姉妹たちがそれぞれ、妻たちないしは夫たちを共有しているような集団婚のありかたを、モルガンは、
相聟(あいむこ) ないし相嫁(あいよめ) をよぶ名称のプナルアという言葉にちなんで、「ブナルア婚」となづけ、
その結婚関係のもとにある家族を「ブナルァ家族」と称したのであった。
ちなみに、兄弟と姉妹との間の結婚が禁ぜられたことは、モルガンによると、「外婚制」の萌芽であり、
この外婚制がはっきりとした社会の掟になったときに「氏族制度」が現われるのであると。

出典:出会いがない 社会人

FF095_L

集団的な雑婚

このプナルア家族も、モルガンは親族名称の体系を分析することによって考えたものである。
すなわち、彼は、右にあげたマレー制体系とはことなる類別式親族名称の一体系を発見し、
これを「ツラン制体系」と称したのであるが、このツラン制体系がマレー制体系とことなる点は、
父方と母方の祖父母が親族名称のうえで区別され、父の姉妹ないし従姉妹は『母』とよばれずに『叔母』とよばれ、
母の兄弟ないし従兄弟は『父』といわれず『叔父』と称せられ、また自分が男のぱあい、
姉妹の子供は『子』ではなくて『甥姪』とよばれ、自分が女のぱあい、兄弟の子供は『子』とよばれずに
『甥姪』とよばれる-という点にあった。

さて、この体系のもとで、(マレー制体系とおなじく)、兄は弟の子供を、弟は兄の子供を、ひとしく『子』といい、
姉は妹の子供を、妹は姉の子供を、ひとしく『子』とよぶのであるが、(マレー制とちがって)、兄弟が姉妹の子供を、
また姉妹が兄弟の子供を、それぞれ『甥姪』とよんでいるという点が重要なのである。

モルガンはこの点から、兄弟たちとそのそれぞれの妻たちとの間には集団的な雑婚がいとなまれ、
姉妹たちとそのそれぞれの夫たちとの間にも集団婚がおこなわれていたと考えたが、
兄弟と姉妹との間の結婚がこの体系のもとでは禁ぜられていたと解したのである。
いいかえると、兄弟姉妹婚の禁制という徒(おきて) が生ずることによって、
親族名称の体系もマレー制よりツラン制へと変化したのであると。

出典:出会い系 サクラいない


FF104_L

同世代の間での集団婚

原始人は結婚を知らず
ところで、血縁家族のもとでのこのような同世代の間での集団婚とは、
同じ世代の男女の間で無規律な性関係がくりひろげられていたことをさすのであって、
つまるところ、「かぎられた範囲のなかでの乱交を是認しているもの」にほかならなかった。
それゆえ、もしこのぱあい、ちがった世代の者との結婚を禁ずるという制限がとりのぞかれてしまうと、
一つの社会のすべての男女の間で、同様に無規律な性交-つまり「乱交」-の状態があらわれる。
そこでモルガンは、血縁家族の以前の段階には、同じ世代の者に結婚をかぎるという枠がなくて、
人々が世代にこだわりなく無差別に交わりあっていた完全な乱交の段階があったろうと想像した。
そして、このような完全な形での乱交の状態のもとにあっては、
人間は、「その周囲にむらがっているもの言わぬ動物とは、ほとんど区別することもできない」ような、
けだものにちかい生活をしていたろうと承なされた。

モルガンは、かように血縁家族の段階からさかのぼって乱交の段階を推定したが、
血縁家族につづく段階としては、彼は「プナルァ家族」なるものを考えたしたのである。
では、なに故に、ハワイ原住民のもとで、このような奇妙な親族名称の体系ができあがったのであろうか。
モルガンはこの問題についてつぎのように考えた。
すなわち、ある男からみて、その兄弟の子供をすべて『子』とよぶのは、兄弟の妻が兄弟それぞれの妻であると同時に、
また彼自身にとっても妻であったからにちがいない。
言いかえれば、兄弟たちがそれぞれの妻を共有にしていたからにほかならない。

出典:結婚相談所 選び方

FF090_L

血縁家族

というのは、そのような兄弟間の妻の共有、つまり集団婚がおこなわれているところでは、
自分自身の子供と自分の兄弟の子供とを区別することはできなくなって、
それ故、いちように『子』とよぶよりいたしかたないからである。
兄弟の妻がうんだ子供は、その兄弟の子供であるかもしれないが、しかし自分自身の子供である可能性もあるわけだ。

同様に、従兄弟姉妹や再従兄弟姉妹たちの子供をも『子』とよぶのは、
その従兄弟姉妹や再従兄弟姉妹の間で集団的な結婚がおこなわれていたことを物語る。
したがって、モルガンは、同じ世代の親族の間に、集団婚がいとなまれていたので、
このような奇妙な親族名称の体系がうまれたのだと解釈したのである。

このように、モルガンは、生れた子供がどの男の子供だかわからないという結婚のありかた、(つまり、集団婚)に、
類別式の親族名称の体系の原因があると承たのであり、そして右のように五つの言葉によって
すべての親族が言いあらわされるというマレー制体系のもとでは、祖父母.父母・兄弟姉妹・子・孫の五つの各世代において、
それぞれ世代内部で集団婚がいとなまれ、すべての男たちはすべての女たちと共同に結婚していたのであると考えたのである。
ただ、五つの世代に親族名称が区別されていたのは、異なった世代の相互の間では結婚が禁ぜられていたからであるとみなされた。
そしてかように同じ世代の間で集団婚をいとなんでいた家族を.
モルガンは「血縁家族」と名づけ、人類の家族の最初の形態とみなしたのである。

出典:

FF087_L